新年一発目

最近見たアニメの感想でございます。

生徒会の一存
いわゆる「萌え」系なアニメでした。
ゆる~い感じの。
原作は今流行りのライトノベルらしい。
さらに各所に色々実名出しちゃまずいネタも織り込まれており、
それはそれでおもしろいんだけど、
ちょっとゆるすぎかな、と。雰囲気が。
(それに最近こういうネタの使い方多いしね^_^;)
それがいいのかもしれませんが、
私には合いませんでした・・・。
サクッと見終わって、HDDから消去いたしました。
・・・最終回見て、ちょっと迷ったけどね、
消そうかどうしようか。

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-
この作品についてはあまり詳しくないのだが、
私が見た「-IL TEATRINO-」とついているのは
どうやら第2期らしい。
第1期は見てません。
シリアスすぎたかな~というのが正直なところ。
シリアスなのは好きだけど、
ちょっとあり得ないというか、
ちょっと現実味に欠けるというか、
ちょっと格好つけすぎというか、
そんな感じでした。
エンディングとか挿入歌とか、
たまに多田葵(カウビのエドですよ!)が歌ってて
びっくりしたけど。
私にとってはそれ(多田葵の歌)以上でも
それ以下の存在でもなかった。

プラネテス
前に放送していた時は第1話を見逃したせいで、
結局去年再放送されるまで見れてなかった(T_T)。
見たい見たいとは思っていて
(監督は谷口悟朗だし)
ようやく見れた作品です。
が、サクッと見て、サクッと削除しちゃいました(^_^;)。
フィーさんが禁煙でキレた回を見たときは
「これは保存版にするか!?」と思ったのですが、
最後のほうがあまり盛り上がらなかったな~と。
それなりに大きな事件は起きたし、
それなりにそれぞれ限界まで追いつめられてたけど、
イマイチ限界が見えなかったというか・・・。
同じ谷口悟朗が監督の、
無限のリヴァイアス』という作品があるのですが、
あれはもう本当に限界まで追いつめられてたからね。
最後はちょっとあっけなかったけど、
けどあそこまで追いつめてもよかったかな、とか思ったり。
つーか、色々書いたけど、
基本主人公があまり好きじゃなかったんだよね(^_^;)。
まぁ、一度は見て良かった作品だとは思います。

アスラクライン(第2期)
第1期の感想を書いたときとほぼ同じテンションのまま、
あっさり終了、って感じでした(-_-;)。
もっと世界の存在に関するひねりとか
人間のドロドロしたものとか、
色々期待していたんだけどね~。
なんだ、その程度かって感じで。
いや、世界観は好きなんですよ、やっぱり。
一巡目の世界とか、
自分のためだけに世界を書き換えていいのかとか、
すごくすごくそういうのは大好きなんだけど、
ちょっと、うすっぺらかったかな~と。
(『運命のタロット』読んでると余計にそう思ってしまう。)
それに、キャラも結局最後まであまり好感を持てないままでしたし。
マクロスFみたいにどっちを選ぶかはまだこれから☆ってのは
高度な技なんだな、と、改めて思い知った(笑)。
この作品の場合は、どっちか選んで終わってほしかったな。

青い文学シリーズ
お正月のアニマックス特番で見た。
『篤姫』以来、堺雅人がちょっとお気に入りなわたくし。
本編が始まる前にナビゲーターとして出てくる堺雅人も良かったし、
人間失格の堺雅人はすごく良かった。
(つーか、今度人間失格が映画になるらしいが、
実写版でも十分堺雅人でいけるんじゃないか?)
小畑健の影のあるキャラクター(八神月みたいな/笑)に
すごく合ってるんだよね、あの声が。
けど堺雅人で無理があるって回もあった。
日本文学をいくつか集めて、全12話で構成されてるんだけど、
お気に入りはやっぱり『人間失格』かな。
原作で好きなのは『こころ』なんですが、
「K」のイメージがあまりにも私と違いすぎたし、
先生のもっとドロドロした部分を見たかったというのもある。
意外に良かったのは『走れメロス』。
ただ単に、許斐剛原案キャラクターで
全編『走れメロス』をやるのではなくて、
(それだけで全編つっぱしられたらちょっとキツイ-_-;)
『走れメロス』を書き上げるまでの行程をうまい具合に織り交ぜながら
ちょっとBL要素に萌えつつ(腐)展開されたのがすごく良かった。
で、先ほど述べました、
「堺雅人で無理があるって回」というのは、
『桜の森の満開の下』という作品。
これは原作も全く知らなくて、
ちょっと理解に苦しんだ。
けど、水樹奈々の歌がとてもうまい具合に入っていたので
それだけで見る価値はあると思います(笑)。
最後は『蜘蛛の糸』と『地獄変』。
本来は別の話なんだろうけど
(原作は読んだことないけど、大体の話はうすらぼんやり覚えてる)
同じ世界で起こった話ってことになってました。
この2作品と『桜の森の満開の下』のキャラクター原案は久保帯人。
どうしてもBLEACHが頭から離れない(-_-;)。
ちょっとこちらは・・・う~んって感じでしたね。
日本文学と絵がうまく合ってない感じ。
個人的に、『蜘蛛の糸』の主人公の名前が「カンダタ」だったのが
すごくウケた(笑)。
なぜかって?
それは、『聖☆おにいさん』を読んでください(笑)。
総合的に見て、
この『青い文学シリーズ』は見ごたえがあって満足でした♪
(でも本を買うなら昔ながらの無地の表紙がいいけどね^_^;)


明日は朝から仕事なんだけどなー。
もうこんな時間です(T_T)。
今日は朝7時半から銀魂100話見てから寝たからね(滅)。
で、昨日からこっそり銀魂映画のブログパーツ貼っつけてます。
岩手で上映されるのか!!?
(ちなみに100話以降は岩手では放送打ち切り(T_T)。
BSジャパンで見ているのさっ☆)

青い文学シリーズ 人間失格 第1巻 [DVD]
Happinet(SB)(D)

ユーザレビュー:
みんなに見てほしい秀 ...
原作への挑戦と敬意こ ...
素晴らしいTV放送を ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 銀魂 イラスト

    Excerpt: 365+1/8 | エムブロ! 帰って、銀魂の最後までよんで。まりちゃんがそこまでは前よんだことあるから持って帰っていいよと言ってくれて持って帰ってきました。ほんで読み終わったら洗濯物取り込んで。雨.. Weblog: けっこうニッチなニュースダイジェスト racked: 2010-01-09 04:58
  • 銀魂 32巻

    Excerpt: 不器用な僕ら 子供に夢を届けるあの人は HUNTER×HUNTERが連載再開1月9日(土) 銀魂が表紙「赤マルジャンプ」発売<映画化情報満載> 赤マル同時掲載読み切り番外編ぬらりひょんの孫/べるぜバ.. Weblog: OH YEAH!最新情報 racked: 2010-01-09 13:48